上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.18 ふるさと
如何(いか)にいます父母(ちちはは)

恙(つつが)無しや友垣(ともがき)

雨に風につけても

思い出ずる ふるさと



志(こころざし)を 果たして

いつの日にか 帰(かえ)らん

山はあおきふるさと

水は清き ふるさと



こういう童謡がしみじみ染みるのは、
私も年を取ったのか、今の東北の状況に思いを馳せているからか。

小学校の飼育小屋以外では兎を追ったことも、小鮒が釣れるようなきれいな川も近所にはなかったが、少し郊外に行けば山はうつくしく、緑はまぶしく、海は青く澄んでいる。


伊方町に原発があって、もし福島のように事故があったら、私はどう行動するだろうか。

とても他人事とは思えない。


ふるさとを見捨ててしまうだろうか。


今はどんなに危険であっても、やがてはふるさとに一日も早く平穏が訪れ、帰れることを望むのではないだろうか。



夢は今もめぐりて

忘れがたき ふるさと
スポンサーサイト
2011.03.15 祈り
私の住む西日本では、いつもと変わらない日常。

電気もガスも水道も何ら問題なく使える。

それに、たまらなく罪悪感を覚える。

神様、どうしてこんなことに。
どうかもう、東北のみなさんを苦しめないで。


今、私に何が出来る?
何をすればいい?
どうにかしたい。
いてもたってもいられない。
自問自答するばかり。

せめて、焼け石に水だけども、わずかながらも募金を。

しかし今、この先どこに住んでいようが、どうなるかわからない。
愛媛も伊方町に原発が。


備えと心構えを怠らないようにしなければ…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。