上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「You'll never walk alone」

♪When you walk through a storm
Hold your head up high
And don't be afraid of the dark
At the end of the storm
There's a golden sky
And the sweet silver song of a lark

Walk on, through the wind
Walk on, through the rain
Though your dreams be tossed and blown
Walk on, walk on, with hope in your heart
And you'll never walk alone
You'll never walk alone♪


嵐の中を歩くなら、顔を上げて歩こう
暗闇を恐れないで
嵐の果てには、輝く空と優しい雲雀の歌声が待っている
進むんだ 風の中でも
進むんだ 雨の中でも
夢を投げ出しそうになっても歩き続けよう
胸に希望を抱いて歩き続けよう
君は独りじゃない
君は独りじゃない
(パラ姫子意訳)



通称ユルネバ、
私の愛するスカパラがカバーしているおかげで、最近ヘビロテで聞いている。
リバプールのサポータズソングで有名だが、FC東京も歌っている。

スカパラの歌入りソングは正直あんまり好きくないので、
「やっぱ歌はへったくそやなーーー」(←これでも約20年来のファン^^;)
と思っていたが、聞けば聞くほど味わい深く、
今はヘビロテもヘビロテ、ずーーーーっと聞いている。



ええ、先日のね、
30節 富山戦で、私の「hope in your heart」はNOTHINGになってしまいましたよ。
もう~~~腹立たしいを通り越し、呆れるやら悲しいやら。

自滅したのはウチのほう。
こんなひどい試合を見たのは、2002年に観戦し始めて以来初めてだ。
自分から試合を壊してどないするっちゅーねん!
何でこんな試合でエールなんだよっ!
ブーイングやろブーイング!!
何かさあ・・・今日という今日はもうダメ。
3点目が入った時点で帰ろうかと思った。
もうええわっ!もう知らんっ!もう観にいかんぞっ!
アタシ一人くらい減ってもかわらんやろっ!

・・・と、その時は思ったのだが、時間がたって冷静になり、
そして事務局から徳島やロアッソ戦の告知メールなど来たら、
(ああ~~集客厳しいんだな・・・かわいそうに。やっぱり行かなきゃ!私が行かねば誰が行く!)
と、再び奮い立つのであった。


で、表題のユルネバに戻るが、
イライラウツウツしていた時に、気を静めようと聞いたスカパラのアルバムで
このユルネバにしみじみ感動した。
歌詞が特によい。

今、ウチは[嵐の中(in the storm)]で
[ 暗闇の真っ只中(be afraid of the dark)]だけれど、
とにかく、「胸に希望を抱いて歩き続けるのみ(walk on, with hope in your heart」 ですな。

コレ、いつかおこがましくもウチのスタジアムで歌えるときがきたら素敵だな。

ちなみに、ゆるねばの対戦相手チームは
「You'll never walk again」(フルボッコに(二度と歩けないよう)にしてやんよっ!)
と返すらしい。


さて次はいよいよ因縁の徳島戦。

厳しい状況だが、暗闇の中手探りで見つける灯りのような、何かきっかけになればいいのだが。












スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://parahimeko.blog71.fc2.com/tb.php/192-79327ada
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。