上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結構NHKのマニアック番組が好きな私だが、
ご多分にもれず、ブラタモリも毎週楽しみに見ている。

先日は港区三田周辺を歩いていた。
有楽町、内幸町辺りも歩いてほしいな。
今後の放送に期待しよう。

実は!という程のもんでもないが、昔、関東方面に住んでいた頃、
私は内幸町のとある会社にちょこっとだけ出向で通っていた。

そこは自分の会社とは大違いな外資系の大手企業で、
社員の3分の1は外国人、日本人の社員は英語堪能なエリートさんばかり。
女性も帰国子女のええとこのお嬢さんが多かった。

そんな中にですよ、
四国の片田舎からポンっときた田舎娘が短期間とは言え勤めるんですぜ。
そりゃもーーー毎日が目からウロコとコンタクトが
ばっさばっさ落ちる日々でしたぜ。

まず内幸町を「ないこうちょう」と読んだ時点で田舎モンだった。
(※「うちさいわいちょう」と読みます)

鼻の高いギスギスしたエリートさんばかりを想像し、ビクビクしていたが、
実際勤めると社員さんはみな親切で、
愛媛の田舎娘だった私をかわいがってくださった。
東京育ちの人たちは、田舎というものに憧れていて
愛媛出身を羨ましがられたことに驚いた。

会社はガラス張りの新しい高層ビルディング。
ドラマか何か雑誌の撮影もよくされていたが、
おお!と思うのは田舎モンの自分だけで、
周りの人々は気がつかないのか関心ないのか特別騒がれていなかった。

設備も行き届いていた。
その会社だけだったかもしれないが、会社の自動販売機が全部タダで利用できた。
節操なく利用するのがはばかられ、10時と3時だけコーヒーをもらいに?行ったが
社員さんは結構ガバガバ飲んでたなあ。

有楽町駅から会社まで帝国ホテルのロビーが近道だと教えられ、
朝夕通っていたが、時々芸能人や著名人を見かけた。
やはり、おお!と足を止めるのは自分だけだった。
宝塚の劇場が近くにあり、公演時は早朝からファンの人が詰め掛けており
そのパワーに圧倒された。

昼休みは時々日比谷公園に行き、
ひなたぼっこしたり、公園内にある図書館をよく利用した。

同じ室内にいたトムさんというアメリカ人のおじさんと仲良くなり、
よく話していた(もちろん日本語で^^;)。
私が当時住んでいたところがとても郊外だったので、「イナカネー」とからかわれた。

約束の仕事期間が終了した時は、銀座の居酒屋さんで送別会までしてくれた。
「うちに勤めちゃいなよー」と言われ、とても嬉しかったがしかし、
私は英語ができましぇん。
「何とかなるよ」と言ってくれたが、やっぱり英語でビジネスは無理!

本当にいい会社だった。
シンデレラがほんのひと時舞踏会に行ったかのような経験だった。

その後、またあの会社から同じ仕事の依頼があり、私をご指名して下さったそうな。
でも、私は諸事情で愛媛に帰った後だった。
とても残念がって下さってたと伝えられ、本当に有難く思った。

それから内幸町には1度も行ってない。
随分様子も変わっただろうなあ。
今でもニュースやドラマなどで、あのビルやあの辺りが写ると
食い入るように見てしまう。
第2の故郷のように懐かしい場所だ。
それがあんな一等地というのもこそばゆいが(^^;

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://parahimeko.blog71.fc2.com/tb.php/221-dcf35930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。