上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会社の若い衆が、今度USJに行くというので、
お土産にUSJまんじゅうでも買ってきてよーと話していた。

ありそでないやねと大笑いになったのだが、
それで思い出したのがこの曲↓

 ♪まんじゅうにイマジネーションは
  まんじゅうにオリジナリティーは
  まんじゅうにアイデンティティは
  あ~あ~いらないのか~

  友達が博多へ行った~
  お土産にまんじゅうをくれた~
 『博多の女(ひと)』と言うまんじゅうを
  あ~あ~くれた~」

  友達が横浜へ行ったのよ~
  お土産にまんじゅうをくれたのよ~
  『横浜の女(ひと)』と言うまんじゅうを
  あ~あ~くれた~」

  ああ 二つともおんなじ味だった~
  包み紙だけバラバラで~
  味も形も~まったく同じだ~
  あ~あ~ああああ~ああああ~~~♪


この後、別の「友達」がハワイに行き、「ハワイの女」というまんじゅうをお土産でくれて、
また別の友達は、エジプトにいき「エジプトの女」というまんじゅうをお土産でくれたけど、
全部味も中味も全く同じで、包み紙だけバラバラだったという歌詞が続く。
 
お土産のまんじゅうはどこも同じでアイデンティティーはないのか!と
突き詰める壮大かつバカバカしい内容で、昭和のムード歌謡っぽいデュエットだった。

これは昔少しだけ流行っていた
「モダンチョキチョキズ」というヘンテコなグループの「博多の女(ひと)」という曲。


モダチョキは色々あって活動がやまってしまったけど、
ロック・ポップス・ジャズ・演歌・スカもあったしチンドンもありと、
多種多様な曲を自在に演奏してて、
今思うと結構演奏に関してはしっかりしたグループだったなと思う。
私、広島までライブに行ったことアルヨ。

ボーカルが濱田マリで、濱田マリって今は女優さんのイメージが強いが、
私の中ではいまだにモダチョキのボーカルやね。

ところで、「博多の女」というお菓子は、知っている人は知っている、とても有名なお菓子。
知らない人のために補足すると、博多の定番のお土産菓子。

愛媛がタルトか坊ちゃん団子、
広島がもみじまんじゅうなら、
博多は博多の女。

機会があったら買ってみると!
博多人形が微笑むかわいいお菓子ばい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://parahimeko.blog71.fc2.com/tb.php/40-47fa75a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。