上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週、テレビで「となりのトトロ」を放送していた。
年に1回は必ずと言っていい程放送されているが、観たのは久しぶり。

初めて観たのは、幸運にも映画館だった。
友達にナウシカ好きがいて、
「ナウシカの人(宮崎駿監督)だから絶対おもしろいヨ!」と誘われて見に行った。
そういや「駿」を「はやお」と読めなかったなあ。

トトロは当時「火垂るの墓」と同時上映だった。

これはも~~~~友達と再起不能になるくらい泣いた。
「火垂るの墓」は正直二度と見たくない。
ほんとにもう・・・救いようのない内容で思い出したくもない。
今でも夏になればTVで放送しているが、番組のCMすら見たくない。
そのくらいトラウマになってしまった。
でも現実はきっともっと悲惨で救いようのない状況が一杯あったんだろうなあ・・・。

で、久々観たトトロですが・・・

コレを初めて観た頃、私はまだ10代で、どちらかと言えば、サツキちゃん目線で見ていた。
とは言え、トトロを信じるにはチト厳しい年齢だったが^^;

でも、小学生の時に見ていたら、きっと、いや絶対にトトロを探しに近所の神社へ行っていたと思う。
そして家に帰ったら母親に
「おかーさん、トトロ探したけどおらんかったー」
と報告するだろう。
「あら残念ね、おかあさんもトトロを探しに行きたいわ」
・・・と、サツキちゃんのお母さんのようにウチの母も同情してくれるだろ・・
なーんてことは決してナイ。

我が家で最強かつ超現実的な母は、
「そんなことより宿題はちゃんとしたんっ!!!」
と言うに違いない。
そして、ガッチリ怒られる姫子チャンであった・・・。

今、大人と言われる年齢になってトトロを見ると、何と申しましょうか、目線が違うと言いますか、
私はサツキとメイのお母さん目線で見ていたのだった。
ムスメはいないケド・・・。
何でもない場面になぜかやたら泣けちゃうんだなあ。

例えば、みんなでお母さんのお見舞いに行った時、
お母さんがサツキの髪をブラシでといてあげるシーンに何でか泣けた。
また、エンドロールで、お母さんが家に帰って来て、
一緒にお風呂に入ったり、一緒のお布団で寝る画に何でか泣けた。

私もムスメがいたら、同じことをするような気がするなあ。

でも、私が子供の頃、母の見舞いに行った時、ブラシで髪なんてとかれることはなく、
退屈していた母に文句たれられ、色々雑用を言われたような・・・。
こういう「優しいお母さん」が良かったゼ、ちっ。

次に見る時は、「隣のおばあちゃん」目線になってたりして・・・(^^;;
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://parahimeko.blog71.fc2.com/tb.php/65-8db84327
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。