上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第28節 VS徳島ヴォルティス戦。

今年最初で最後のホームで四国ダービーだ。
この一戦に際し、両チームはいつも以上に力を入れていた。
何と言っても「スタジアム満員宣言」と「ウイナーズフラッグ」。
「四国制覇」と刺繍されたフラッグは、さながら甲子園の優勝旗のよう。
記念すべき第1回フラッグは、何としても我ら愛媛FCに!

ダービー告知の宣伝が、TVで頻繁に流れ、選手によるチラシ配布はもちろん、
ダービー専用ポスターもあちこち貼られた。
あのTVCMはK-1のスタジアムDJの人の声かなあ。
何となく絶叫系と言いますか、盛り上がりには効果的な声だ。

この戦いにあわせたかのようにEFCのフリーペーパーも創刊。
とてもいい出来だったけど、エゴ選手の記事がなくてちょっと残念。
また次回に期待!

試合当日のイベント、ホーム愛媛はニンスタお膝元の砥部町がマッチシティ。
徳島からも「なっとくしま」というキャラバンカーがやってきて物産が紹介されていた。
こういうダジャレ系ってお役所に多いよね。
香川の「わがかがわ」は悔しいがスキ(^^)
反対から読んでも「わがかがわ」

ニンスタは、出店あり、ヨーヨー釣りや射的アリ、阿波踊りも披露されて、夏祭りみたいだった。
とは言え、観戦仲間から聞いただけで、実際は見てない(^^;
阿波踊りは見てみたかったなあ。
四国にいながら、一度も生で観たことないんだよね。

イベントは和やかだけど、試合直前は緊迫した空気。
徳島からは何台ものバスでサポが集結していた。
開始前からチャントを連呼し煽る煽る。
一方愛媛は、特別ゲストのガンジンルーが「マイホームグラウンド」を熱唱。
まるで凱歌のようで士気があがった。

さあ賽は投げられたヨ!


しか~~し、これだけの盛り上がりを見せた直前の雰囲気に反して、
前半の愛媛は運動量なく徳島に翻弄されていた。
セカンドボールはことごとく拾われ、何度もゴールを脅かされた。
GKの好セーブと、徳島の決定力の無さに救われたが、
いつゴールを決められてもおかしくない展開だった。
そして42分、ソウザのシュートが遂にゴール!!!

うぎゃーーやられたっ!!!

と思ったら、フラッグが上がっていた。
やれやれオフサイドか。救われたゼ。

愛媛のグダグダ感と徳島のチグハグさで、何ともスッキリしない前半を終了。

しかし、後半から愛媛はまるで違うチームみたいだった!

右サイド高杉・横谷が仕掛け、試合はスピーディーに動き始める。

ようやく攻撃のリズミがついたところで、後半28分赤井から大木にスルーパス。
おやびんの絶妙なトラップ、そして冷静に流し込み、愛媛が遂に先制!
四国ダービーで愛媛産の選手が決めてくれた!
うきゃ~~~やったよやったよお~~~~!!!

最高の展開にスタジアムのボルテージも一気に高まった!
その後、徳島も攻撃的な選手を次々投入するも、
愛媛もその攻撃の裏をついた反撃で更なる追加点を狙う。

緊迫した展開が続くが、試合はこのまま終了。

愛媛がチーム・サポーター一丸となって掴んだ勝利の一瞬!!

試合終了後は、フラッグ贈呈式が執り行なわれ、
記念すべき第1回は愛媛がフラッグを受け取った。
高らかにフラッグを掲げる選手達に、涙ぐみそうになったが、
いやまてよ、よく考えたら優勝でも何でもなく単なるダービー、しかもブービー・・・。
でも、JFLの優勝時が思い出されて、こういうのっていいなあとしみじみ思った。

この日の観客は7809人。
目標の満員には及ばなかったが、平日で月末の厳しい条件で健闘したと思うし、
初めて観戦された方にはまた観たいと思ってもらえる内容だったと確信する。

この調子を崩さず、次節宿敵ザスパ草津に勝利を!!!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://parahimeko.blog71.fc2.com/tb.php/68-2fd6f830
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。