上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卒業式シーズンも一段落。

これから新入学や入社、転勤等で
新しい生活に向けて一人暮らしを始める方も多いだろう。

この時期にいつも思い出すのが
さだまさしさんの「案山子」という曲。


元気でいるか 街には慣れたか
友達出来たか
寂しかないか お金はあるか
今度いつ帰る


この曲は、お兄さんが都会へ上京した弟を思って
歌った歌詞だが、
私は兄が都会で進学~仕事で暮らしていた頃を思い出す。

母はいつも兄を心配し、
しょっちゅう電話をかけ
しょっちゅう荷物を送ってやっていた。

そんな母の心配を兄は知ってか知らずかだったけれど。

この曲を聴いたのは、たまたま付けたラジオだったが、
その時、既に就職で親元を離れていた私も
兄と母と自分を重ねて、じわーと感動した。

友達も知り合いもいない土地で
兄も私も頑張っていた。

その後、色々とまわりまわって、
今は二人とも地元の愛媛に戻ったが、
この曲を聴くとあの心細かった頃を思い出し、
当時以上にじわーとなってしまう。


手紙が無理なら電話でもいい
金頼むの一言でいい
お前の笑顔を待ちわびる
おふくろに聞かせてやってくれ


ここを聞くと涙腺のスイッチが入る。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://parahimeko.blog71.fc2.com/tb.php/8-14a7fab7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。