上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大好きだったドラマ「SEX and the CITY」(以下SATC )この度映画化!
やっとこさ観てきた。

感想は、ま~~~~~~ええんでないかな、って感じ。
ドラマの頃からあれだけすったもんだしてきたから、良かったねーってトコでしょうか。

また、ドラマの時以上にファッションがゴージャスだった。
そして、キャリーは40代なのに見えないし細~~~い!
他のメンバーもドラマの時以上に素敵だった。
私はミランダとシャーロットのような正統派系の服が好き。
でも、キャリーが登場した時の、大きなお花がついたワンピースもかわいかった。
あんな40代になれたらいいなあー。

でも、彼女達はかなり金持ちだよね・・・。
私は、マノロ・ブラニクの靴なんて買えねーゾ!
いや、何かのハズミで買ったとしても、あんなハイヒールきっと足がはいらねーゾ!

・・・観てない方にはさっぱりのハナシだな(^^;


このドラマはタイトルも内容も際どいけれど、本質は「女の友情」がテーマだなと思う。

よく「女の友情」は儚いと言うけれど、それは女の人だけでなく男の人にも言えると思う。
その人のパーソナリティー次第だと思うよ。

もちろん、女の私も儚い友情は沢山あった。
儚いこと自体、友情と言えるのかなあ。

私個人の統計によると、
例えば友達と恋人を天秤にかけた時、何の迷いもなく恋人を取る人は、
割りと友情に薄い傾向がある気がする。

いや、誰だって友達と恋人だったら恋人をとるだろうけど、時と場合のハナシ。

かつて儚い友情だった人と遊びに出かけた時のこと。
恋人とケンカしてむしゃくしゃしているとのことで、一緒に遊びに出かけたのだけど、
途中恋人から電話があり、儚い友情さんは何の迷いもなく、
「電話があったから行くね!」と行っちゃった。

そして、ぽっつーーーーんと残される私であった・・・。

友達として応援したくなるような恋をしている人には、喜んで送り出したいが、
そうでない場合は、アタシらは場繋ぎかいっ!とツッコミたくなるねえ。
そんなことが続くと、当然こっちもいやんなってくる。

てなワケで、女の友情は儚く崩れていくのでありました、まる。

SATCの女子達は、恋人も友達も両方大切にし、時には親身に、時には厳しく接する大人の女性達。
こういう風でありたいなあと共感する。

そういや昔から今も仲良くしている友達たちは、友達同士と会っていて恋人から電話があっても
友達をほったらかしにはしない人たちだな。
だから、恋人とも仲がいいし、友達とも長く続いているんだろう。

長く人間をやってると、人との出会いは沢山ある。
そのコミュニティの中で、友達や知り合いが出来たりするが、
心から付き合える人は、自然と淘汰されていく気がする。

これもまた私個人の統計だが、
心から付き合える友達って、学生の頃の友達ばかりだなーと。
これから年をとるにつれ、また別の友達が出来るのかもしれないが、
今のところ、学生時代からの友達が一番だな。

沢山友達がいる人がいる。
携帯のアドレス満杯の人もいるだろう。
でも私は、友達は少なくてもいい。
その友達が心から付き合える人であれば、友達は一人でもいいやと思う。


でも、若い人には、頭を使って行動して、沢山色んなことをして、沢山失敗して、
そして友達を作って欲しいなと思う。
大人と言われる年齢になると、新しいことに挑戦しづらくなり、
そして、なかなか本音で付き合える友達って出来にくくなるから。

さてと、
私も年齢に負けずに、SATCの女性達のように恋に仕事にオシャレに貪欲でありたいぞと。
(出来る範囲で)磨きをかけるぞー!

まずは、マニキュアでも塗りますか(^^;
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://parahimeko.blog71.fc2.com/tb.php/86-a652cf36
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。